クラウド、レンタルサーバ、SEO、WPなどのレシピを!

サーバーレシピ

postfix メールサーバー

Postfix3.3 迷惑メール対策 SpamAssassin(スパムアサシン)[ユーザ毎の設定]

更新日:

Postfix3.3 迷惑メール対策 SpamAssassin(スパムアサシン)
Postfix3.3 迷惑メール対策 SpamAssassin(スパムアサシン)設定その2の続き。

SpamAssassin(スパムアサシン)の設定ファイルは、
/etc/mail/spamassassin/local.cf
ですが、メールアドレス毎に、「ホワイトリスト」「ブラックリスト」などを設定したい場合があるかと思います。その設定方法を!

procmailrcの調整

「spamd」が起動をしているので、前半の「/usr/local/bin/spamassassin」
ではなく、「/usr/local/bin/spamc」 での起動が正解でした(汗)

Postfix3.3 迷惑メール対策 SpamAssassin(スパムアサシン)設定その2で、当初、間違って書いていました)

「-u」 で、ユーザ名を指定します。
実際には、「-u メールアドレス」となります。

spamdの調整

SpamaAsassinのデーモンである、「spamd」のオプションを変更します。

「-s /var/log/spamd.log」 で、ログファイル名を指定します。

「-D」 デバックモード。

「–virtual-config-dir=/mail/%d/%l/.spamassassin」
で、ユーザ毎のSpamAssassinの設定ファイルを読み込みます。
「/mail/(ドメイン)/(@前のユーザ)/.spamassassin」
のディレクトリを、設定ファイル関係のファイルと指定します。
この場合、
「/mail/(ドメイン)/(@前のユーザ)/.spamassassin/user_prefs」
が、優先的に読み込まれます。
ユーザ毎の設定ファイルがない場合は、デフォルトの
「/etc/mail/spamassassin/local.cf」
が評価されます。

「–x」は、「–virtual-config-dir」を有効にするには、必須。

ユーザ毎の評価ファイル、
「/mail/(ドメイン)/(@前のユーザ)/.spamassassin/user_prefs」は、
「/etc/mail/spamassassin/local.cf」は、同じファイル形式です。

ユーザ毎のSpamAssasin 結論

procmailrcと、spamdの設定を変えると、ユーザ毎の設定を読みに行きます。
vpopmailだと、-vというオプションだけで、できましたが、MySQLなどのマルチドメインでは、違う感じで、時間がかかりました・・・(汗)

SpamAssasin 残課題

SpamAssasin関係で、やりたいことは、
ホワイトリスト
ブラックリスト
required_score (スパムとする基準スコア)
をユーザ毎に設定できる。というものです。

Qmail + Vpopmailでは、WEBアプリを自作しましたが・・・
さて・・・

-postfix, メールサーバー

Copyright© サーバーレシピ , 2019 All Rights Reserved.