クラウド、レンタルサーバ、SEO、WPなどのレシピを!

サーバーレシピ

postfix メールサーバー

Postfix3.3 迷惑メール対策 SpamAssassin(スパムアサシン)設定その2

更新日:

Postfix3.3 迷惑メール対策 SpamAssassin(スパムアサシン)[ユーザ毎の設定] (2018/11/01 追加)
Postfix3.3 迷惑メール対策 SpamAssassin(スパムアサシン)の続き。
細かな設定を。

SpamAssassin 定義ファイルの入れ替え

以前は、松田陽一さん作のSpamAssassin設定ファイルが
http://www.flcl.org/~yoh/user_prefs
にあったのだが、サーバーアクセスできないので、
以前、ダウンロードしたもの(user_prefs)をコピー

↑元々あった、local.cfを、user_perfsに置き換え

SpamAssassin user_pref が更新されました。(2019年2月8日 追記)

2019年2月1日、user_prefが更新されました。

https://pastebin.com/QnwRxxBQ

SpamAssassin 設定

↑ユーザ毎にルールを設定するなら上記を設定

↑スパムと判断された場合、スパムレポートのメールになるのを防ぐ。ヘッダで判断する。
↓メールがこのようになってしまうので・・・

↑スパムと判断された場合、タイトルを書き換える
↓下記のように「件名」に「***SPAM***」が付加されます。

↑ホワイトリスト/ブラックリストの設定。

ドメインすべて / メールアドレス毎の設定が可能。

迷惑メールの場合は、そもそも「受信しないように」する

procmailを入れます。

↑procmailの設定を書きます。

MAILDIR=/mail/$DOMAIN/$USER
は、通常の配信先
$USERは、「@」から前の部分になります。

↑ロックファイルを設定して、「Spam」が評価されていない場合(X-Spam-Status)のヘッダが「ない」場合、
メールの内容を「/usr/local/bin/spamc」に渡します。
SpamAssasinに評価されて、ヘッダに「X-Spam」で始まるものが入って、次の「レシピ」に行きます。(2018/11/01修正)

↑前の「spamassassin」で評価されたメールは、ここで、ヘッダをみて、迷惑メールと判定された場合は、「.Spam」という専用フォルダに移動します。
メールソフトでは、受信されません。(2018/11/01修正)

 

↑vuserは、virtualhostのMaildirに書き込めるユーザ名です。

実際に受信してみます。

↑迷惑メールと判定されたメールは、「.Spam」以下に振り分けられます。
手元のメールソフトでは受信されません。
誤判定のために、「救い出す」仕組みを提供したほうがいいかと思います。
(今後、作成/設定予定)

SpamAssassin 雑感

SpamAssassinは、迷惑メールをある程度、判定をしてくれますが、判断を間違うこともあります。
お客さん(利用者)が理解をしてくれればいいのですが、
問い合わせが多いと、対応で疲弊をしてしまいます。

そのためにも、
・ホワイトリスト
・ブラックリスト
・判定スコア
などを、お客様(利用者)の方で、変更できるようにしたほうがいいかと思います。

SpamAssassin 振り分け、他の方法・・・

振り分け他の方法として、「content_filter」を用いる方法があるようで・・・https://wiki.apache.org/spamassassin/IntegratedSpamdInPostfix
今度、チェックしてみます。

-postfix, メールサーバー

Copyright© サーバーレシピ , 2019 All Rights Reserved.