クラウド、レンタルサーバ、SEO、WPなどのレシピを!

サーバーレシピ

postfix メールサーバー

Postfix3.3 ソース版 マルチドメイン対応 SMTP認証設定

投稿日:

Postfix3.3 マルチドメイン ソース版 dovecot 設定では、pop3ポートでの受信ができました。

今度は、587ポートでのSMTP認証の設定です。

受信POP3の確認

外部から、Postfix、POPサーバーへの受信して、ログを見てみます。

上記のとおり、4通のメールを受信しました。

SMTP 587 ポートでの送信をチェック

試しに、送信をしてみます。

とエラーになります。

Postfixのサーバー上でも試してみます。

ポート自体が空いていません(笑)

postfixで、587ポートを空けてSMTP AUTHの設定します。

上記、2行分、コメントを外して(有効にして)、postfixを再起動します。

試しに外部から送信してみます。

エラーとなります。

/var/log/maillog
をみると、

「Oct XX XX:XX:24 (ホスト名)postfix/smtpd[XXXX]: warning: smtpd_sasl_auth_enable is true, but SASL support is not compiled in」
とエラー。
「SMTP authが有効となっているが、コンパイルされていないよ」
と・・・

Postfix 3.3 コンパイルしなおし

ということで、SMTP AUTHを有効にしてコンパイルから行います。

と、「-DUSE_SASL_AUTH」
をつけて、設定をします。

そして、
make
make install
のあと、再び、postfixのサーバーから、587を叩いてみます。

と、落ちてしまう(笑)。

と、設定不足というエラーメッセージが出ています。

dovecot の設定

と、変更をして、dovect 再起動します。

Postfix 3.3 ,Dovecot SMTP AUTH テスト

と、うまく、送信できました。
宛先側にもメールが届きました。

試しに、正しくないPOP3のパスワードを設定して、送信してみます。

と、
535 5.7.8 Error: authentication failed:
エラーになり、正しく動作していることがわかります。

-postfix, メールサーバー

Copyright© サーバーレシピ , 2019 All Rights Reserved.