クラウド、レンタルサーバ、SEO、WPなどのレシピを!

サーバーレシピ

AWS メールサーバー

Amazon WorkMailは、企業で有効なカレンダー付きのメールサーバー その2

更新日:

Amazon WorkMailは、Amazonが提供する、メールサーバー!

一般のプロバイダと同じように、独自ドメインを、まるごとAmazonで運用することができます。

前回は、設定を行いました。今回は、手元のメールでの送受信の実際や料金などを見てみます。

メール設定

↑上記の例は、「Becky」というメールソフトです。
IMAPサーバーとSMTPサーバーは、リージョンにより違います。
アドレスは、
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/workmail/latest/userguide/using_IMAP_client.html
に書かれています。

↑ポート番号、SMTPを465、IMAPを993とします。

↑少々専門的ですが、amazonとの通信で、メール受信ができたところです。

↑Amazon Workmailの受信状況です。「オレゴンリージョン」に届いています。

料金と他サービス

↑AmazonWorkMailでは、1ユーザあたり、4US$/月額 となっています。

amazonには、Gmailをベースとしたメール送受信サービスもあります。

↑Gmailをベースとしたサービスでは、1ユーザ毎、月額600円から利用可能です。

Amazon WorkMail か Gmailか

Amazon WorkMail
Gmail
どちらがいいのでしょうか。

Amazon WorkMailは、

SDKでの操作が可能。

AWS CloudTrail
Amazon Simple Email Service
Amazon WorkDocs
との連携が可能。
Microsft Exchange Serverからの移管が容易

ジャーナリングができる。ジャーナリングとは、記録。誰から誰にメールが送られたのかというリポートが届きます。

mazon WorkMailのほうが安い

スパム対策、ウィルス対策は、Amazon WorkMail、Gmail、双方に装備されています。

と、Amazon WorkMailのほうが利点が多いような気がします。
ただ、メニューなどが日本語化されていないので、Webで利用する場合は戸惑うかもしれません。

Amazon WorkMail 結論

単価が安くて多機能な AmazonWorkMail!

国内のレンタルサーバー屋さんにはない、Amazonの他のサービスとの連携機能でお仕事を楽にできそうです!

 

-AWS, メールサーバー

Copyright© サーバーレシピ , 2019 All Rights Reserved.