クラウド、レンタルサーバ、SEO、WPなどのレシピを!

サーバーレシピ

AWS WordPress TIPS ドメイン

サーバーレスによるコストダウン、落ちないサイトを!

投稿日:

営業用にWordPressのデモサイトを作成。しかし、めったにアクセスされない。
削除するわけにはいかない。レンタルサーバーを借りるほどでもない。
コストは最小限に。

という時の、一つの回答が「サーバーレス」

サーバーレスとは

サーバーレスとは、AWSでいう「EC2」。マシンを自前で用意しなくてもWEBサーバーなどを設置できること。
サーバーの種々の設定をしなくてもいい!
プラグインの脆弱性、WordPress自体のバージョンアップを気にしなくてもいい。
ということです。
「フルマネージドサービス」とも呼ばれています。

WordPressのデモサイトをサーバーレスで

営業用に作成した、簡単なWordPressサイトをサーバーレスで実現したいと思います。
そして、今回、コンテンツを、AWSの「S3」に置きます。

S3とは

S3とは、「Simple Strage Service」。堅牢性に優れた、オンラインストレージサービス。
AWSのほうで、自動的に、複数拠点にコピーをしてくれます。
これにより、災害が起きても、データが消失することは少なくなります。
暗号化、バージョニング(世代管理)にも対応します。

ストレージサービスですので、phpなどのプログラムは、動作しません。

S3の価格は、データ容量、転送量、アクセス(Read/Write)の回数で決定され、変動する価格は、アクセスされた分だけ!

使わなければ、最低料金で済みます!

WordPressとS3

WordPressをS3に移管させるには、

「StaticPress」と、「StaticPress S3 Option」というWordPressのプラグインを使います。

前者の「StaticPress」は、WordPressを静的なコンテンツにツールです。
「Contact form 7」に代表される「問い合わせフォーム」は使うことができません。
後者の「StaticPress S3 Option」は、静的なコンテンツを、S3にアップロードするツールです。

今回、後者の「StaticPress S3 Option」は、うまくいきませんでした。
今後の宿題にします。

サーバーレスへの大まかな流れ

大まかな流れは
1)WordPressでサーバーを構築
2)StaticPressで静的コンテンツに
3)S3にアプロード
という手順です。

1)の「WordPressでサーバーを構築」は、AWSでなくてもいいです。
ただし、一度、構築する必要があります。
構築後は、サーバーを削除できて、時間課金のAWSのEC2がいいのかもしれません。

今回、1)のサーバー構築の部分は省きます。

S3の初期設定

サーバーレスを実現するためのS3の初期設定を行います。

↑AWSの「S3」の画面から、「バケット」を作成します。

↑「バケット名」を入れます。この名前は、最終的なドメイン名を指定します。
今回、サブドメインを使うので、「demo.独自ドメイン」というふうにします。

↑「アクセス権限」「パブリックアクセス設定」の「編集」を押します。

↑上記の、チェックボックスを外して、「保存」を押します。

↑「パブリックアクセス設定は正常に更新されました」と出てきます。

↑「プロパティ」の「Static website hosting」「詳細はこちらから」を選びます。

↑「こちらのバケットを試用してウェブサイトをホストする」を選びます。

↑「インデックスドキュメント」に「index.html」を
「エラードキュメント」に「404.html」を入力します。
そして、「保存」をします。

↑「パケットホスティング」となります。

↑「アクセス権限」の「パケットポリシー」を選びます。
画面下の「ポリシージェネレーター」を選びます。

↑別の画面が出ます。
「Select Type of Policy」→「S3 Bucket Policy」
「Effect」→「Allow」
「Principal」→「*」
「AWS Service」→「Amazon S3」
「Actions」→「GetObject」
と、それぞれ、選択/入力をします。

↑元の画面に戻り、対象のバケット名の画面から、「パケットARNをコピーする」をクリックします。

↑「Amazon Resource Name (ARN)」のところに、さきほど、コピーした、ARN
「arn:aws:s3:::(バケット名)」と「/*」をつなげて、「arn:aws:s3:::(バケット名)/*」を入れます。

↑ここで、「Generate Policy」を選びます。

↑Policyが、JSONとして、作成されます。このデータをコピーします。

↑コピーした、JSONデータを、元のAWS、S3の画面に貼り付けます。そして、「保存」を押します。

↑「このパケットにはパブリックアクセス権限があります」と表示されました。

↑バケット一覧のところは、「公開」となりました。
これで、S3の初期設定は終わりです。

「StaticPress」で静的コンテンツに

WordPressのプラグイン「StaticPress」で、静的コンテンツにします。

↑「パーマリンクの設定」を「カスタム構造」の「%postname%.html」とします。

↑「StaticPress 設定」の「静的サイトURL」を、最終的にアクセスしたいドメイン名にします。
このとき、作成中のドメイン名でもいいですし、違っていても大丈夫です。
「出力先ディレクトリ(ドキュメントルート)」は、空のディレクトリを指定します。
「変更を保存」を押します。

↑左下「StaticPress」を選び、「再構築」というボタンを押します。
「フェッチ開始」が表示され、静的コンテンツが生成されていきます。

↑順調に生成されると「終了」となります。

「StaticPress S3 Option」のエラー

今回、は行いませんでしたが、「StaticPress」で静的コンテンツにして、そのコンテンツを、S3にアップロードしてくれるツール「StaticPress S3 Option」というプラグインがあります。
この便利なプラグインで、設定しようとしましたが、うまくいきませんでした。

↑設定画面は、上記のようになります。
AWSのIAMで、キーを作成して、登録します。この設定画面で、「バケット名」が自動的に出てくるようですが、出てきませんでした。
このまま「再構築」を行うと・・・

↑「フェッチ開始」「エラー!」となります。

PHP Fatal error: Uncaught Guzzle\\Http\\Exception\\CurlException: [curl] 6: Could not resolve host: (ファイル名) [url] https://ファイル名)/index.html

↑エラーログを見ると、curlで「ファイル名」をFQDNでアクセスしようとしています・・・。

S3へのアップロード

「StaticPress」で生成されたコンテンツを、手元のPCに転送して、「AWS」「S3」の該当バケット名のところを開きます。

↑上記のように「ドラッグ&ドロップ」でコンテンツをアップロードします。

ドメイン名設定

S3のエンドアクセスポイントを独自ドメインに設定します。

独自ドメイン CNAME IN エンドアクセスポイントURL

という書式で

(独自ドメイン) IN CNAME (バケット名).s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com.

という感じで、DNSに設定をします。

今回、サブドメインを使ったので、
AWSのRoute53でなくても、他のDNSでも大丈夫です。

サーバーレス完成

これで、
http://(ドメイン名)/
でのアクセスができるようになります。

サーバーレス結論

WordPressの静的コンテンツを実現する、「StaticPress」は、お手軽に、サーバーレスにしてくれます。
はまりやすいのは、「ドメイン」関係。
独自ドメイン、S3のエンドアクセスポイントなどに留意すれば、大丈夫です!

私は、何度か、構築途中のAMIから、やり直して試行錯誤をしました。
スナップショットから、気軽にサーバーが構築できるのも、AWSの魅力かと思います。

サーバーレス課題

S3は、SSLの「https://独自ドメイン/」でアクセスするには、もう少し、設定が必要です。
AWSの「ClodFront」を使うことになります。
今度は、SSL化に挑戦したいと思います。

-AWS, WordPress TIPS, ドメイン

Copyright© サーバーレシピ , 2019 All Rights Reserved.