クラウド、レンタルサーバ、SEO、WPなどのレシピを!

サーバーレシピ

postfix SpamAssassin メールサーバー 迷惑メール対策

迷惑メール対策 SpamAssassin(スパムアサシン)と、WebMail(RainLoop)との連携

更新日:

Postfix 3.4 [RainLoop] CentOS7 (マルチドメイン)
↑こちらもご覧ください。記事が新しいです。

WebMail (RainLoop)

ブラウザ上から、メールを見るツールで、フリーのものは、「squirrelmail」が有名でした。
いまは、よりモダンな画面の「RainLoop」が、便利なようです。
日本語にも対応しています。

デモは
https://mail.rainloop.net/
で見られます。

「迷惑メール」の誤判断をフォロー

WebMail (RainLoop) のもう一つの目的は、「SpamAssassin」で「迷惑メール」と判断されたメールを
メール受信者自身が、「読める」ようにするためです。

迷惑メールの設定記事
Postfix3.3 迷惑メール対策 SpamAssassin(スパムアサシン)設定その2

RainLoop インストール

↑今回、apacheで運用しています。
/var/www/rainloop のディレクトリを
http://(ドメイン名)/rainloop/
で閲覧できるように設定します。

apache (httpd) を再起動します。

RainLoop 初回ログイン

http://(ドメイン名)/rainloop/?admin

でアクセスをします。

というエラーが画面にでました。

php7.2で、運用していますので、7.2用のphp-xmlをインストールします。

http://(ドメイン名)/rainloop/?admin

再度、アクセスします。

と、再びエラーがでました。

と書き込めるようにします。

RainLoop 初期設定

http://(ドメイン名)/rainloop/?admin
でアクセスします。
admin
12345
という初期のIDとパスワードを入れます。

日本語に変更します。
そして、管理者 ログイン名と、パスワード変更を変更します。

再ログイン後

と表示されました。

↑と、data ディレクトリを、WEB上からは、閲覧できないようにします。

再起動後、警告が出なくなりました。

RainLoop 初期設定 ドメイン登録

ドメインの基本設定を行います。

↑画面上で、必要情報を登録して、「接続テスト」を押すと、OKの場合、緑になり、右下の「+追加」を押します。

個々のメールアドレスは、
http://(ドメイン名)/rainloop/
から、「メールアドレス」と「パスワード」でログインをします。

これで、RainLoop関係は完了です。

RainLoop SpamAssassin(スパムアサシン)との連携。

RainLoopの画面を見ると、「迷惑メール」というメニューがあります。

調べると、「Maildir」の「Junk E-mail」というフォルダを見ているようです。

このフォルダを「SpamAssassin」とあわせます。
「ログイン済み」のメールは、

この「Spam」は、「/etc/procmailrc」

の「.Spam」の「Spam」です。

今後、「新しいメール」に対応さるため、「大元の設定」は、

意図的に迷惑メールを外部から送信してみます。


↑「迷惑メール」フォルダに入り、閲覧することができました。

-postfix, SpamAssassin, メールサーバー, 迷惑メール対策

Copyright© サーバーレシピ , 2019 All Rights Reserved.