php 7.4.x ソースインストール

この記事は約3分で読めます。

php 7.3.xから、php 7.4.x(今回は、php 7.4.4)にアップデートしたときのレシピを!

php 7.4.x、configure オプションの変更

↑今までは、このようなオプションで設定をしてきました。

この設定は、php-fpmでの設定です。
参考記事:Nginx 1.14,php 7.3 (PHP-FPM), MySQL 5.7,SSL (Let’s Encrypt),CentOS7への導入手順

↑のオプションは、変更されたようです・・・

↑というオプションで、設定をします。

↑webpのライブラリーを入れておきます。

↑このオプションで設定をします

SQLite3

↑sqlite3が無いよ、と、怒られます

↑sqliteを入れます。

icu

↑icu関係が無いよ、と怒られます。

該当サーバーには、icuは、以前にインストールをしていて・・・

Postfix 3.4 ソースインストール CentOS7(マルチドメイン)(過去記事)

↑と、icu-uc関係のファイルを探します。

↑と設定をします。ログインし直したりすると、環境変数がリセットされるので、.bashrcなどに記載をするほうがいいかと。

鬼車 oniguruma

↑onigurumaが、無いよ。ということで、

↑onigurumaを入れます。

再度、configure

↑これで、php 7.4.x の、configureが通りました。

php 7.4.x make、make install

↑メモリ不足・・・・となり、makeが途中で止まる(汗)

不必要なサービスを停止して

↑make 完了!

↑php 7.4.x インストール完了

GDのエラー時・・・

ワードプレスのログイン時に、

上記のようなエラーが出るときがあります。
これは、「GD」オプションが有効になっていない時に発生します。
実際には、「SiteGuard」というプラグインで、「画像認証」が有効になっている時に、エラーが発生します。
「phpinfo」をチェックして、「GD」が有効になっているか、確認しましょう。

タイトルとURLをコピーしました