クラウド、レンタルサーバ、SEO、WPなどのレシピを!

サーバーレシピ

CentOS7 WEBアプリ

Nginx 1.14,php 7.3 (PHP-FPM), MySQL 5.7,SSL (Let's Encrypt),CentOS7への導入手順

更新日:

CentOS7に、Web系を構築する手順のメモです。
基本的に、ソースからインストールをします。
ConoHa VPSのCentOS7.6に入れてみます。
ConoHa VPSは、高速SSDディスクということもあり、高パフォーマンススが期待できます。
また、高負荷になったら、CPUをスケールアップすることができるので、低価格で柔軟性が高いサーバーです。

関連記事:高速サーバー【ConoHa VPS】

MySQL 5.7

↑IDとグループを設定します。

↑インストールに必要なソフトを入れます。

↑wgetで、2019年3月末での最新版をダウンロードします。

↑ MySQL 5.7をインストールをします。

↑「/usr/local/mysql57」を基本として、リンクを張ります。

PHP 7.3 (PHP-FPM)

php7.3 インストール

↑先に、nginx用にIDとグループを設定しておきます。
番号は違っても大丈夫(qmailと違い・・・笑)

↑先に入れた「MySQL」のインストール先を「-with-mysqli=/usr/local/mysql57/」として設定します。
その他、Nginx用、PHP-FPM用の設定を指定します。

↑libxml2 がないとエラーに・・・

↑インストールをして、再度、configureをします。

↑ CURLのエラーとなり・・・

↑ 関係ソフトを入れます。

↑「jpeg」関係のライブラリがない・・・

↑ libjpeg関係のソフトを入れます。

↑ png関係のライブラリがないと・・・

↑ png関係の開発ツールを入れます。

↑ フォント関係のファイルがないというエラー・・・

↑ freetype関係をインストールします。

↑ libzip関係がないよ!というエラー

↑ libzipを入れようとするが・・・「0.11以上にしてくれ!」と・・・
入ったのは、「0.10.1」というバージョン。
yumではなく、
https://libzip.org/news/release-0.11.html
から該当バージョンをダウンロードして、インストールしてみます。

これで、「configure」は、うまくいきました!
しかし、

↑ と、「make」の途中で、エラーになってしまいます・・・

結局、

↑ と、「--without-libzip」を付加して、configure。
これで、

↑ と、うまくいきました!

php 7.3 起動

今回、init形式で起動させます

↑起動をさせます。

php.iniのコピー(2019/04/14 追記)

php.iniは、テンプレート的なものが2つあります。

開発用と、本番用が用意されています。どちらかのファイルを、「/usr/local/lib」以下に「php.ini」ファイルとして、コピーします。

・error_reporting
エラーのレベルを設定する。開発時は、些細なものもエラーとするが、本番時は、致命的なものだけ、エラーとする
・display_errors
画面上にエラーを表示させるかどうか。開発時は、表示。本番時は非表示とする。
・display_startup_errors
PHP起動時のエラーを表示する。開発時は、表示。本番時は非表示とする。
・zend.assertions
phpの簡易テストをプログラムレベルで行い、本番時は、無視するような運用になります。
・mysqlnd.collect_memory_statistics
メモリの統計情報を出すかどうか。開発時は、On。

CentOS7でのsystemctrlでの起動 (2019/04/16 追記)

↑systemctrl用の記述をします。

↑起動させて、自動起動も有効にします。

Nginx 1.14

configure.log

過去、違うOSに入れた、Nginxのconfigureの設定を見たい場合、違うソフトでは、configure.logなどで保存されている事が多いですが、nginxでは、configure.logがありません。
しかし、実行ファイルがあれば、インストールしたパラメーターを確認することができます。

/usr/local/nginx/sbin/nginx -V

でチェックができます。

Nginx 1.14 インストール

↑ configureをします。

↑ gd関係のライブラリーがないとエラーに・・・

↑ gd関係を入れて、再度、configureをします。

Nginxで、80番ポートを設定

↑ /usr/local/nginx/conf/nginx.conf の設定の一部

Nginx起動

vi /usr/lib/systemd/system/nginx.service

 

↑Nginxのサービスを起動して、httpとhttpsのポートを開けます。

これで、80番ポートのhttpが起動されました。

SSL (Let's Encrypt)

↑関係ファイルをインストールします。

↑非SSLの80番ポートにアクセスできないよ!
というエラー。
80番ポートにアクセスできるようにして、
再度、「certbot」を起動させます。

↑インストールができました。

↑ nginxの設定(一部)

Nginxを再起動させます。

↑起動できました!

-CentOS7, WEBアプリ

Copyright© サーバーレシピ , 2019 All Rights Reserved.