クラウド、レンタルサーバ、SEO、WPなどのレシピを!

サーバーレシピ

クラウド・VPS比較

高速サーバー【ConoHa VPS】

更新日:

以前、ConoHa for Windows Serverのディスク速度の凄さを体験しました。
「ConoHa for Windows Server」高速ディスク搭載 VPS が魅力的!(VPSディスク速度比較)(リンク)
今回、linux系(実際には、CentOS)でのディスク速度をチェックしてみたいと思います。
(実際に、業務に使います・・・)

ConoHa VPSインストール

さて、インストールは、簡単です。
価格帯は、さくらのVPSよりは、若干安くなっています。

↑今回、1Gメモリ、2CoreCPU、SSD50Gを選択したいと思います。
さくらのVPSと違って、HDDの選択肢はありません。
SSDのみです。

↑インストール時(申込時)、様々なオプションを選択できます。

↑始めて行うときは、SSHのキーを「新規作成」します。
SSH接続をするために必要となります。

↑サーバー申し込み後、すぐに起動となり、使えるようになります。

ConoHa VPSの高速ディスクを測定

早速ディスクの測定をしたいと思います。

以前、
さくらVPSのHDD速度は、AWSのSSDより速い!?(リンク)
の記事で、チェックしたのと同じ、
hdparm
で速度測定をしたいと思います。

と、「hdparm」をインストールします。

↑「df」というコマンドで、表示される、「/dev/vda2」というディスクを測定します。

という結果がでました。

ちなみに、VSPではないですが、「エックスサーバー X10プラン」では、
書き込みの速度が
1400 MB/s
と、ものすごい数値が出ました(驚)。

以前の測定結果

さくらVPSのHDD速度は、AWSのSSDより速い!?(リンク)
の情報と合わせますと・・・

 ConoHa VPS SSDsakura HDDsakura SSDAWS 汎用SSDXserver X10
読み込み速度2047 MB/sec290 MB/sec200 MB/sec82 MB/sec(未測定)
書き込み速度917 MB/sec258 MB/sec181 MB/sec71 MB/sec1400 MB/sec

となり、

ディスクの高速な速度で比較すると、

1) conoha VPS
2) sakura VPS
3) AWS

という順番になります。

さて、そのほか、VPS関係で、比較をしてみたいと思います。

VPS比較、その他の機能

イメージバックアップ

いわゆる、まるごとバックアップです。

 ConoHa VPSさくらVPS
イメージバックアップできるできない

追加ディスク

 ConoHa VPSさくらVPS
タイプ実機に近いNFSタイプ
ディスクの速度ディスク速度が高速ディスク速度が落ちる
料金200G 2,500円/月額
(SSD)
200G 1,706円/月額
(HDD)

スケールアップ(アップグレード/高速化)

 ConoHa VPSさくらVPS
スケールアップ対象CPU/メモリを変更CPU/メモリ/Diskを変更
ダウンはできるかダウングレード可能CPUのダウンはできない
ディスク容量ディスク容量は同じ
(ディスク追加で対応)
ディスク容量は同容量以上に

ConoHa VPS か さくらVPS か

VPSのほうが、料金固定で、安心してサービスを提供できるかと思います。

AWSのサーバーレスな環境では、従量課金なので、気になりますね・・・

(参考:クラウド破産は、こうして起きる!あっという間に請求額が!(リンク))

さらに、ConoHa VPSでは、ロードバランサも設定できるので、クラウド的な利用も可能かと思います。

ConoHa VPSは、さくらのVPSに比べると、「HDDを選択できない」というぐらいで、あとは、ConoHa VPSのほうがいいように思えます。

「サポート」「障害」も気になるところです。

障害は、今後、チェックしていきたいと思います。



VPS ディスク関連記事 (2019/7/4更新)

「ConoHa for Windows Server」高速ディスク搭載 VPS が魅力的!(VPSディスク速度比較)(2018/5/9)

さくらVPSのHDD速度は、AWSのSSDより速い!? (2018/4/16)

カゴヤ・ジャパンのVPS 高速ディスクを体験 (2019/7/4)

-クラウド・VPS比較

Copyright© サーバーレシピ , 2019 All Rights Reserved.