クラウド、レンタルサーバ、SEO、WPなどのレシピを!

サーバーレシピ

クラウド・VPS比較

「ConoHa for Windows Server」高速ディスク搭載 VPS が魅力的!(VPSディスク速度比較)

更新日:

GMOが提供する「ConoHa」!高速SSDがお手軽価格!
最近Windows版が提供されました!



GMO系では、お名前.comのVPSサービスがあります。
お名前.comは、「スナップショットが取れる」「低価格」が特徴的で、手軽にサーバを構築できます。

同じGMO系の「ConoHa VPS」は、どうでしょうか。

ログインアカウント登録後、すぐにサーバーが立ち上がります。

驚くのは、アピールしているディスクの速度!

更新(2018/12/01)

さくらの「VPS for Windows」の速度を加えました。

注目のディスク速度

AWS、さくらSSD、さくらHDD、ConoHaと測定してみました。

↑AWS

↑さくらHDD (標準VPSにWindowsを入れています(方法))

↑さくらSSD(標準VPSにWindowsを入れています(方法))

↑さくらSSD (VPS for Windows 2Gメモリ、2018/12/01追加)

↑ConoHa

AWS    SSD :   69.986 MB/s
sakura HDD :  212.361 MB/s
sakura SSD :  308.652 MB/s
sakura SSD :  313.198 MB/s (2018/12/01追加)

ConoHa SSD : 3659.081 MB/s

↑Read速度だけを見ると、この違い!

さくらのディスクは、高速であると評判ですが、そのさくらの10倍のディスク速度!
ディスクが速いのは、様々なメリットがあります!

そのほか、たくさんの利点が!

・月額、時間の安い方を請求できる
・すぐにRDP接続ができる
・コンソール画面がある
・CPU/メモリ プランが変更できる
・スナップショットが作成できる
・firewallの設定が簡単
AWSは、セキュリティグループとネットワークACL
・ディスクが高速

・ディスクの追加ができる(Dドライブ)
・リージョンがある。東京、シンガポール、アメリカ
・グローバルIPの追加ができる。16個も・・
・ファイルストレージがある(AWS S3相当、さくらは新規休止中)
・自動バックアップができる。(さくらは、β)
・グローバルIPの逆引き、自ドメインでの設定ができる
(今の時代、必要ないような・・・)
・ローカルネットワークがある(さくら、AWSもある)

ConoHaは、VPSというより、クラウドという感じです!

少し残念なところは

・画面の切り替わりが遅い
・自分で用意したISOファイルをインストールできない。(vs さくら)
・月額料金はさくらと同程度。ディスク容量が、固定。

ELBなどはなく、スケールアウトができない。
このあたりが、ConoHaがVPSということか。
スケールアップはできる。

結論

「ConoHa for Windows」は、低価格で本格的なクライド環境を構築できる!

高速ディスクがびっくり!
これは、試し価値ありです!



VPS ディスク関連記事 (2019/7/4更新)

高速サーバー【ConoHa VPS】(2019/2/26)

さくらVPSのHDD速度は、AWSのSSDより速い!? (2018/4/16)

カゴヤ・ジャパンのVPS 高速ディスクを体験 (2019/7/4)

-クラウド・VPS比較

Copyright© サーバーレシピ , 2019 All Rights Reserved.