スポンサーリンク

AWS 一括請求(コンソリデーティッドビリング)の処理

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

AWSでは、複数のアカウントを持っている場合、一括して請求処理することができます。
これにより、コストが削減できる可能性があります。

スポンサーリンク

プロジェクト毎のAWSアカウント

AWSの用途別にアカウントを管理していることがあるかもしれません。

複数管理して、払うのは、一つのクレジットカード番号。

一つのクレジットカード番号で、AWSの費用をまとめて処理しても同じ事。

この場合、AWSの場合、「一括請求」ができます。

複数のメンバーアカウントを一つのマスターアカウントとして、登録ができ、
マスターアカウントから、請求されます。

コストの節約(ボリューム割引)

個々のメンバーアカウントのディスク使用料など、合算されて、計算されます。
例えば、1Gしか使っていないディスク。500G単位でコスト計算される場合、
メンバーアカウントそれぞれの、ディスク使用量を足して、
メンバー1は、1G
メンバー2は、2G

とした場合、併せて、3Gとして計算されます。
これにより、コスト削減が実現できます。

無償枠の考え

無償枠は、それぞれのメンバーアカウントでなく、「あわせて」設定されます。
個々の無償枠は無くなります。

一括請求、まとめ

一括請求自体にかかるコストは無償です。

無償枠は少なくなりますが、AWSを使いこなしてくと、あっという間に、無償枠はなくなります。
無償枠の旨みより、一括請求したほうのコスト削減のほうがいいのかもしれません。
「一括請求ができる」ということは、覚えておいて損はないのかと思います。

タイトルとURLをコピーしました