「広告」

Lightsailのスナップショットが便利。AWS VPS (Lightsail)、さくらVPS比較

「広告」
記事内に広告が含まれています。
「広告」
「広告」

VPS比較!

安価にサーバーが構築できるVPS、AWSの「Lightsail」と、さくらVPS、どちらがいいのでしょうか。
比較をしてみました。

スナップショットスナップショットコスト
さくらVPS可能。
クラウドへのバックアップ。
復元時はクラウド
100G SSD 1,080円/月額
クラウドのアーカイブ料金
AWS Lightsail可能月額 0.05 US$/GB
100G 500円ほど

(横にスクロールできます)

「広告」

スナップショット

まるごとバックアップしてくれる「スナップショット」。
さくらVPSでは、さくらクラウドへの「マイグレーション機能」で、「まるごとバックアップ」が可能。
バックアップデータは、さくらクラウドでの利用のみとなる。コストも高くなるが、考えようによっては安いでしょう。

グローバルIPスケールアップ
さくらVPS分離できない10CPU,32Gメモリまで
AWS Lightsail分離できない2CPU,8Gまで

(横にスクロールできます)

「広告」

グローバルIP

こちらは、どちらも、スケールアップなどを行った場合、変更を覚悟しなければいけない。
AWS EC2や、さくらクラウドでは、グローバルIPを維持したまま中身を変更できる。

「広告」

スケールアップ

さくらVPSのほうがメニューが豊富である。
AWSの場合、CPU固定で、メモリとディスクが多くなっていくというメニュー構成である。

料金停止時課金
さくらVPS685円~30,240円 / 月額
初期費用あり
停止しても課金
AWS Lightsail5US$ ~ 80US$
535円 ~ 8,564円
(107円換算)
1時間毎の課金
初期費用なし
停止しても課金

(横にスクロールできます)

「広告」

料金

さくらVPS、AWS Lightsail とも、同じ価格帯であるが、AWSは、1時間毎の課金である。

「広告」

停止時課金

停止をしていても、課金される。
さくらクラウド、AWS EC2では、停止時は、本体の料金は、課金されない(ディスクなどは課金される)。

転送量ローカル接続
さくらVPS無制限可能
AWS LightsailOUT時課金
無料枠あり
可能

(横にスクロールできます)

「広告」

転送量

さくらVPSは、無制限であるが、AWSは、無料枠があり、超えると課金される。
ただ、範囲内で収まるかと思われる。超えるようであれば、VPSでは処理能力が物足りないかと・・・

「広告」

ローカル接続

こちらは、さくらVPS、AWSLightsailとも、接続が可能である。
さくらVPSは、自分で、CIDRを決定するが、AWSでは、172.26.0.0/20 で、自動的IPが決定される。

「広告」

結論 ー さくらVPS、AWSLightsail、甲乙つけがたい・・・

個人的には、AWSの「スナップショット」が魅力的である。
さくらVPSのディスク速度の速さやスケールアップも魅力である。
(ディスク速度の記事は、「さくらVPSのHDD速度は、AWSのSSDより速い!?」へ)

「広告」

関連記事

老舗レンタルサーバーCPIは、安心機能いっぱい!



タイトルとURLをコピーしました