クラウド、レンタルサーバ、SEO、WPなどのレシピを!

サーバーレシピ

CentOS7 postfix Rspamd メールサーバー 迷惑メール対策

迷惑メールフィルタリングツール【Rspamd】 個別設定(詳細設定)

投稿日:

Rspamdは、デフォルトでも、迷惑メールを精度を高く除去してくれてくれますが、迷惑メール対策として、細かな設定も可能となっています。

SpamAssassinでも、各ユーザ毎(各メールアドレス毎)に、設定ができます。

Postfix 3.4 [迷惑メール対策 SpamAssassin ユーザ毎] CentOS7 (マルチドメイン)

Rspamdも、SpamAssassin以上の柔軟な設定が可能となっています。

Rspamd 関連記事

迷惑メール対策ツール「Rspamd」の導入。Postfix,CentOS7

Rspamd、DMARC・SPFモジュール、Postfix,CentOS7

Rspamd 個別設定 基本

Rspamdでは、「local.d」以下に、「settings.conf」というファイルを作成して、この中にルールを記述します。

Rspamd Users settings description

↑上記は、指定のIPからのメールは、「reject」の基準を100とする。
つまりは、リジェクトされない。
という設定。

Rspamd 個別設定 その他

・差出人ドメイン、メール
・宛先ドメイン、メール
・IP、ホスト

に対して、
・迷惑メールの判断要素を変更する(シンボルの重みを変更)
・迷惑メールの判断基準を変更する(reject,graylistを変更)
などの設定ができます。

Rspamd Users settings description

Rspamd 設定の確認

と、設定内容が確認できます。

また、実際に条件に当てはまるメールがきたとき、

white01
という設定(ルール)で、
ip が、matched(マッチ、一致)したよ!
と、記録されています。

-CentOS7, postfix, Rspamd, メールサーバー, 迷惑メール対策

Copyright© サーバーレシピ , 2019 All Rights Reserved.