さくらインターネット ワードプレス 間違えない移管方法

この記事は約3分で読めます。

さくらインターネットのレンタルサーバーへ、ワードプレスの移管をする場合、きちんと手順を踏めば、間違いがない。
という方法を!

さくらインターネット、アカウント登録

さくらインターネットへアカウントを登録します。コンテンツの量が多くなければ、月額524円「スタンダード」で、大丈夫かと思います。



独自ドメインの移管

既に独自ドメインで運用している場合、アカウントへ移管をします。
独自ドメイン移管元が、同じさくらインターネットの場合、「サービスの譲渡」の手続きを行います。
この場合、インターネット上で、やりとりができます。メールが通じれば、移管が可能となります。

ドメイン移管元が、さくらインターネットではない場合、「ドメインの転入」を行います。

独自ドメインの譲渡や移管には、数週間かかる場合もありますので、余裕をもって、作業を開始しましょう。

ドメインを登録

独自ドメインの、譲渡/転入処理完了のあと、コントロールパネル上から、ドメインを登録します。

さくら、ワードプレス

↑「ドメイン/SSL」メニューから、「ドメイン/SSL」を選びます。

さくら、ワードプレス

↑「ドメイン新規追加」を選びます。

さくら、ワードプレス

↑プルダウンに、独自ドメインが表示されているはずなので、選択をして、下の「追加」を押します。

さくら、ワードプレス

↑独自ドメインと、さくらインターネットのアカウント登録の際に、登録された、「xxxxx.sakura.ne.jp」(xxxxxは任意)というドメインの2つが表示されています。

ここで、「ウェブパス」が両方とも、「~/www/」になっていることを確認します。
これが、「移管を簡単にするコツ」です。

ワードプレスのサイト構築

ここで、「xxxxx.sakura.ne.jp」というドメインで、ワードプレスの設定を行います。

ここでは、この説明は割愛をさせていただきます。

メールの設定

独自ドメインで利用予定のメールアドレスを設定します。

さくら、ワードプレス

↑上記は、「info@独自ドメイン」を設定したところ・・・

そして、メールソフトの方も、設定をして、メール受信ができるようにしておきます。

独自ドメイン切り替え

「xxxxx.sakura.ne.jp」でのワードプレス構築、および、メールアドレスの設定が完了したら、次は、独自ドメインの切り替え作業です。作業は、短時間で終わるはずです。

さくらインターネット会員メニューにログインします。

さくら、レンタルサーバー

↑「ドメインメニュー」を選びます。

さくら、レンタルサーバー

↑該当ドメインの「WHOIS情報」を選びます。

さくら、レンタルサーバー

↑「ネームサーバ」のところの「変更」を押します。

さくら、レンタルサーバー

↑ネームサーバー1とネームサーバー2を
「ns1.dns.ne.jp」「ns2.dns.ne.jp」に変更をして、「送信する」を選びます。

ワードプレス、独自ドメインへの変更

さくら、レンタルサーバー

↑ワードプレスの「wp-config.php」ファイルの中身、最後の方に、

↑「/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */」

というところの前あたりに、設定をします。

「WP_SITEURL」のほうは、サブディレクトリに設定をしている場合、

というように、「/wp/」を設定します。

これで、さくらインターネットへの移管が完了となったはずです。

順番を間違えないで慎重に行えば、怖いものなしです!



タイトルとURLをコピーしました