クラウド、レンタルサーバ、SEO、WPなどのレシピを!

サーバーレシピ

CentOS7 qmail メールサーバー

Qmail for CentOS7,SMTP AUTH and Submission and vpopmail

更新日:

Qmail のSMTP AUTH 関係の設定をします。

Qmail関係は、
Qmail (netqmail) for CentOS 7. and vpopmail,tcpserver,daemontools
の構築方法よりも、以下の方(今回のほう)がいいでしょう(汗)
今回は、qmail-smtpd-auth-close3.patch のパッチ
が加わっています。

Qmail インストール

↑ SMTP Auth 関係のパッチを当てます。

↑ SMTPが、正しく終了してくれないというバグを修正したパッチです。
これがないと、SMTPのプロセスが残って、送信できないという事態になります。

↑その他、パッチ類を当てます。

↑インストールをします。

↑587用(Submission用)にプログラムを別にします。
(別にしなくてもいいかと思いますが、トラブル時の対応のため・・・)

587用(Submission用)のサービスを設定します。

↑サービスを起動します。

centos7のポートを開放します

↑現状のfirewallの状態をチェックします。

↑587のSubmissionポートを含めて、pop3,smtpのポートも開放します。

vpopmailを再セットアップ

Qmail (netqmail) for CentOS 7. and vpopmail,tcpserver,daemontools

では、「pop before smtp」を有効にしていましたが、さすがに、要らないでしょう・・・(汗)

↑ SMTP Auth のために、ソースを変更します。

↑vpopmailをインストールします。

↑「vchkpw」のパーミッションを変更します。
こうしないと、認証されません。

SMTP AUTH 外部からの接続を確認

↑ AUTH LOGIN  で認証されました。

↑ AUTH CRAM-MD5 でも認証されました。

 

-CentOS7, qmail, メールサーバー

Copyright© サーバーレシピ , 2019 All Rights Reserved.