クラウド、レンタルサーバ、SEO、WPなどのレシピを!

サーバーレシピ

AWS AWS認定試験

AWS 認定クラウドプラクティショナー 合格しました!(2019/10/22更新)

更新日:

AWS認定試験合格!

AWS認定試験
AWS Certified Cloud Practitioner
に合格をしました!よかった!

問題数と時間

全65問、90分の試験。

65問のうち、
・1ミリもわからないぞ!が、4問
・わからない!カンの世界だが、7問
・多分正解、絶体正解が、54問

合格率がわからないですが、8割ぐらいなのでしょうか。

「絶体合格」と思っていても、「勘違い」をしている可能性もあります。
なので、全問、見直しはチェックは、必要でしょう。
1問、「あ、勘違い!」というのがありました。

難易度

予想していたよりも難易度が高くて、「いやー、合格できるかな?」と思いました。

AWSに関して、広い知識が必要です。
「あれをやるには、あの画面だよな」と、わかっていても、
「画面の名称」を問われることがありますので、普段見ている画面が、「何なのか」を認識するのは大事でしょう。

勉強

勉強は、
・実践で理解
・ホワイトペーパーを読む
・公式ブログを読む
合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイトの本
・オンラインの試験(テスト(Practice))
です。
Practiceの試験は、お金がかかりますが、受けた方がいいです。

次は、AWS認定 ソリューションアーキテクト アソシエイ

さて、次は、

AWS認定 ソリューションアーキテクト アソシエイト
です。

合格のための点数 (追記)

点数は、700点代の後半でした(1,000点満点)。
練習の試験が、8割正答だったので、少し下がって、8割を切りましたが、受かりました。
合格ラインは、その時で変わるという事でしたが・・・
最後の画面で、「合格しました」と出た時にはうれしかったですね。

試験 持ち込み (追記)

試験への持ち込みは、何もできません。
メモ用紙と鉛筆が開始前に渡されます。
メモ用紙は、持ち帰ることができません。

試験が終わったら、記憶のあるうちに、
「この分野が出ていた」
「AWSの、この分野の難易度が高かった」
「あの分野は、高度なネットワーキングの知識が要求される」
など、メモにとっておき、今後の試験に生かすのがいいのかと思います。

AWS WAFについて (補足 2018/12/23追加)

AWS WAFが試験に出てきました。詳しくは
AWS WAF(Webアプリケーションファイアウォール)/ 不正アクセスを未然に防ぐ
で。

AWS認定 ソリューションアーキテクトの参考書(2019/01/19追加)

「ソリューションアーキテクト」の参考書が出ました!速攻買いました!さ、勉強!(笑)

書籍、追加情報!(2019/10/22)

最近は、たくさん、本が出ていますねー。来年更新なので、また、勉強です(笑)




-AWS, AWS認定試験

Copyright© サーバーレシピ , 2019 All Rights Reserved.