クラウド、レンタルサーバ、SEO、WPなどのレシピを!

サーバーレシピ

WordPress TIPS ドメイン

WordPressのドメイン変更は「Database Search and Replace Script in PHP 」!(2018年版)

更新日:

WordPressのドメイン変更

■WordPressサイトのドメインが変更になる
■WordPressサイトを違うドメインでテストしたい

といった場合、以下の方法があります。

A)wp-config.phpに2行追加
B)データベースの中身を変えちゃう(Database Search and Replace Script in PHP)

A)wp-config.phpに2行追加

新しいドメインが、
http://www.example.jp
の場合、
「wp-config.php」

define(‘WP_SITEURL’,’http://www.example.jp);
define(‘WP_HOME’,’http://www.example.jp’);

と記述します。

WordPressアドレス(URL)が1行目の「WP_SITEURL」の行
サイトアドレス(URL)が1行目の「WP_HOME」の行

となります。

B)データベースの中身を変えちゃう

根本的に、中身を変えてしまうのも簡単です。

Database Search and Replace Script in PHP

から、「Search Replace DB version 3.1.0」をダウンロードします。

↑「Download Search Replace DB」というセクションのところに名前などを入れます。

↑すると、ダウンロードのURLが書かれたメールが届くはずです。

ダウンロード、解凍後、
「Search-Replace-DB-master」
というフォルダがあるかと思います。

そのフォルダごと、新しいサーバーにアップします。
「wp-config.php」と同じフォルダにアップします。

そして、新しいドメインが、
www.example.jp
であれば、
http://www.example.jp/Search-Replace-DB-master/
にアクセスします。

↑「search for」のところに、元のドメイン
「repalce with…」のところに、新ドメイン
を入れます。
あとは、「live run」を押します。


↑確認画面が出てきます。「OK」を押します。

↑「カウントダウン」が始まります。「stop」で中止することもできます。

↑変更結果が表示されます。

これで、新しいドメインでアクセスが可能となります。

結論!ドメイン変更には、「Database Search and Replace Script in PHP 」がお勧め!

結論、日々進化するWordpress、ドメイン変更も、最新の方法がいいです。
「Search Replace DB version 3.1.0」は、2018年7月時点で、ベターな方法!
プラグインではないのでwordpressにアクセスしなくても変更ができます。
そして、ドメイン変更以外にも使えるツールです。

エラーになる場合 2018/08/20 追記

search-replace-db-master エラー になる場合には・・・

-WordPress TIPS, ドメイン

Copyright© サーバーレシピ , 2019 All Rights Reserved.