ワードプレス【ドメイン変更】DB変更プログラムとプラグイン

この記事は約5分で読めます。

ワードプレスのドメインを変更する場合。
例えば、引っ越しで、ドメイン名が変わる場合など、ちょっと面倒です。今回は、専用のプログラムで行う引っ越しと、プラグインで行う引っ越しの2つをまとめて、紹介します。

途中の作業まで、同じで、途中から
1)DB変更をする専用プログラム
2)ワードプレスのプラグイン
のどちらかで、行います。

前者のDB変更プログラムは、どちらかというと、技術者向きです。
後半のプラグインを利用するのは、日本語化もされていて、なじみやすいです。

まずは、共通作業から、

ワードプレス、現在のバックアップ

データベースのバックアップと、WEBコンテンツのバックアップを行います。
(この記事では、割愛させていただきます)

apache、nginxなどの変更

古いドメインから、新しいドメインへ変更をします。

wp-config.phpの変更

「wp-config.php」に

の2行を加えます。
下のほうの「define(‘WP_DEBUG’, false);」の、後あたりに、記述します。
SSL対応の場合は、「https」とします。「https」の場合、SSL関係を設定してから行います。

新しいドメインでログインをしなおす

新しいドメインでログインをしなおします。

この時に、投稿内容の「画像のURL」などは、古いままです。

次に、この設定の変更を2つのパターンで説明します。

方法1、専用プログラムでの変更

Database Search and Replace Script in PHP」というプログラムを使います。

Ver 4で、php7に対応したようです。

↑リンク先のページからダウンロードの手続きを行います。
赤枠部分をチェック、名前とメールアドレスを入れます。
そして、「Submit」を押します。

↑画面上では、このような表示になります。

↑このようなメールが来ます。

という注意書きが書かれています。
上級者向けのツールだよ。ハッキングツールにもなるから取り扱い注意してね。心配なら、エンジニアを雇ってね。というような事が書かれています。

上記の「DB v 4.1.1 here」のところをクリックします。

上記のようなzipファイルをダウンロードすることができます。
このファイルを解凍して、移管するサイトにフォルダごとアップロードします。
中身は、変更しなくても大丈夫です。

↑うまくいけば、上記のような画面が出てきます。

↑まずは、DBに接続できるか、テストをします。
「database name」「username」「pass」を入れます。
「host」と「port」は、そのままのデータで大丈夫な場合が多いです。
そして、「Test connection」というボタンを押します。
成功すれば、その右側に「Success, You are connected.」と出てきます。

↑「Search Replace」というところの左側に「元のドメイン」。右側に「変更後のドメイン」を記入します。

↑赤枠部分の「Do a safe test run」というボタンを押します。
実際に置換する前のテストです。
すると、下のほうに、どのテーブルにどれだけの情報が入っているか、表示されます。
そして、

↑「 Yoastプラグイン」などのプラグインは、置換ができません。
という注意書きです。100%できないかも。ということですね。
ちなみに、このテストに使った、WordPressには、「Yoastプラグイン」は、入っていません。

↑実際に置換をします。「Search and Replace」というボタンを押します。

↑処理中のメッセージが表示されます。

↑置換の処理が終わりました。

↑投稿内容の、画像のフルパスが、新しいドメインに置き換わりました。

方法2、Search Regex プラグインでの変更

ドメイン変更という目的ではなく、投稿済みのデータを、一括して変更できるプラグイン「Search Regex」で変更をしてみます。

↑「Search Regex」をインストールします。

↑「Search Regex」を有効化して、「ツール」から「Search Regex」を選びます。
初期画面は、上記のようになっています。
「You are advised to backup your data before making modifications.」
バックアップをしておいてね。と表示されています。

↑「Search」の横に「元ドメイン名」。「Replace」のところに「新しいドメイン名」を入れます。右側の「Search Flags」のところは、「IGNORE CASE」となっています。「大文字小文字を関係無く置換」という意味です。
まず、青ボタンの「Search」を押します。「まずは、チェック」という事です。
すると、下の方に、検索結果が出てきます。「オレンジ部分を変更しますよ」という事です。

↑実際に置換をします。「Replace All」を選びます。
上記のような画面になります。このとき、「0%」のまま、バーが伸びない事があります。また、2000%とか、すごい大きな数字になることもあります。
原因などは、わからないです・・・・
進まない場合、「Cancel」を押します。

↑「Cancel」のあと、もう一度、「Search」を押します。すると、「No more matching …」と出てきます。
そして、投稿内容などをみると、置換されています。「0%」のままの表示でしたが、処理はされたようです・・・

ワードプレス、ドメイン変更、結論

前者の「Database Search and Replace Script in PHP」は、テーブル毎に、変換。
後者の「Search Regex プラグイン」は、「固定ページ」など、ワードプレスの項目毎に変換が可能。

どちらも、完璧な変更はできないかもしれません。
バックアップをとって、使いやすいほうで、変更されるのがいいかと思います。

過去記事

search-replace-db-master エラー [WordPressドメイン変更] (2018/08/20)

WordPressのドメイン変更は「Database Search and Replace Script in PHP 」!(2018年版)(2018/07/02)

タイトルとURLをコピーしました