クラウド、レンタルサーバ、SEO、WPなどのレシピを!

サーバーレシピ

AWS docker

AWS コンテナサービス FARGATE

更新日:

注目のAWS FARGATE

コンテナサービスを一歩進めたFARGATE!
東京リージョンでも、2018年7月からサービス開始!
と注目度抜群のサービスです。

AWS FARGATEは、何がいいの?

EC2が不必要なコンテナサービス

従来のコンテナサービスは、EC2がベースでしたが、EC2の管理も不要となる。
コンテナ単独でスケールアウトが可能となる。
ELBからのアクセスも可能である。

https://aws.amazon.com/jp/fargate/faqs/

には、

FAQAWS Fargate はどのようなユースケースをサポートしていますか?

AWS Fargate はコンテナの一般的なユースケースをすべてサポートしています。
たとえば、マイクロサービスアーキテクチャアプリケーション、バッチ処理、機械学習アプリケーション、オンプレミスアプリケーションのクラウドへの移行などです。

とあります・・となると、
lamdaからのバッチ処理などにもいい!
CPUパワーが必要となる処理。
必要な時だけに起動をして、スケールアウトしてくれる!
と便利な事がいろいろとありそうです。

今回は、バッチ処理ではないが、httpアクセスを例にFARGATEを体験してみます。

docker image を作成

Dockerfileを作成します。

httpdだけという単純なコンテナ

↑作成します。

↑念のため、この段階で起動をしてみます。

↑無事、アクセスができました。

AWSにイメージをpushします

ECSとECRのアクセスがあるロールで、ログイン

「docker login -u AWS -p」 で始まる長い、コマンドプロンプトが返ってくるので
そのまま、コピー&ペースとして実行。

「Login Succeeded」

と出てくればOK!

↑「xxxhttpd」というECRリポジトリを作成しておきます。

↑タグ付けを行います。

↑ECRへpushします。

↑ECRにpushされました。

↑リポジトリのURLをコピーしておきます。

↑「custom」を選びます。

↑先ほど、コピーした「(AWS ID).dkr.ecr.us-east-1.amazonaws.com/xxxhttpd」
を赤枠部分に貼り付けます。

↑「ロードバランサーの種類」を「Application Load Balancer」にします。

↑その他の項目は、デフォルトにして、「作成」をして、少しすると、すべて「完了」となります。

↑作成後、「Auto Scaling」を調整します。5個まで、スケールアウトするようにします。

↑「EC2」の「ロードバランサー」を選び、該当ののものをみつけて、赤枠の「DNS名」「Aレコード」をコピーします。

↑少し経つと、ブラウザからアクセスができるようになります。

AWS FARGATEまとめ

AWS FARGATEは、EC2を気にすることなくスケールアウトが可能なコンテナサービス。
通常は稼働をしていないで、SQSや、lambdaをきっかけに、処理をさせたり、LApython でのバッチ処理など、用途は広がります。

参考書

この本、お勧めです!もちろん、買っています!

-AWS, docker

Copyright© サーバーレシピ , 2019 All Rights Reserved.