クラウド、レンタルサーバ、SEO、WPなどのレシピを!

サーバーレシピ

docker WordPress TIPS

dockerで、WordPress環境を簡単アップグレード

更新日:

オンプレのWordPress環境、手軽にDBのバージョンをアップしてみたい!
など、dockerの特性を生かしてDBのバージョンをアップ!
その実際を!

■WordPress + MySQL 5.6の環境で、元のWordPress環境を作る

実験のため、古い5.6で作成します。

↑image: mysql:5.6
で、「5.6」のバージョンを指定しています。

「/home/wp/wp-content:/var/www/html/wp-content」
の指定では、テーマファイルを外出ししています。
/home/wp/wp-wp-content
以下に置きます。

これは、dockerをdownしても、テーマファイルは、削除されません。
「データの永続化」です。

DBも
「/home/wp/db-data:/var/lib/mysql」
として、永続化します。

./db-data/test.db:/docker-entrypoint-initdb.d/install_wordpress.sql
では、WordPressのデータを指定しています。
元のWordPressからdumpをとった、SQLデータです。

↑docker-composeコマンドで、サービスをアップします。

↑80番ポートで、サービスが起動しました。

↑「mytheme」フォルダを元サーバーからテーマデータをコピーします。

↑画像ファイルなどが入った「uploads」フォルダをコピーします。

↑ドメイン名の変更を行います。
詳しくは、WordPressのドメイン変更は「Database Search and Replace Script in PHP 」!(2018年版)のページに。

↑ログイン成功!

■WordPress + MySQL 5.7と、MySQLをバージョンアップ

↑dockerを落とします。

↑新しいymlファイルを用意します。
image: mysql:5.7
と、5.7を指定します。

- ./db-data/test.db:/docker-entrypoint-initdb.d/install_wordpress.sql
の行は削除します。

↑新しい、WordPressが起動しました。

↑コンテナのボリュームが変わったので、再びwp-configを書き換えます。

↑MySQL 5.7で、起動成功!

↑5.6のmysql のdocker を消しても大丈夫

↑5.7を消そうとしても、起動中なので、消せません。
これで、wordpress + MySQL5.7への移行ができました。

結論

dockerは、仮想化技術の次に「標準的に」使われる技術!
もう、バージョンアップの事は気にすることなく、コンテンツ作成に集中できます!

参考書

こちらで勉強しました!

-docker, WordPress TIPS

Copyright© サーバーレシピ , 2019 All Rights Reserved.