クラウド、レンタルサーバ、SEO、WPなどのレシピを!

サーバーレシピ

AWS

AWSへの課金を下げる方法!

更新日:

AWSは、高い?

従量課金のAWSは、「高いからなー」という声を聞いたりします。
しかし、「インスタンス購入オプション」で安くできます。
AWSにお布施を払っていませんか。

少し見直してみましょう!

Amazon EC2の購入オプション(代表的なもの)

■オンデマンドインスタンス
何も指定しないと上記のタイプになります。
■リザーブドインスタンス
前払いの制度です。CPUタイプは基本、変更ができません。
途中で値段が下がっても、払い戻しなどはありません。
■スポットインスタンス
入札制度で、利用者が価格を決定できます。
入札価格が上回るとEC2が起動します。下回ると、起動しません。

AWS節約、タイプ別

■オンデマンドインスタンス
CPU変更など、AWSの特性を十分堪能できるタイプ

■リザーブドインスタンス
過去の実績などから、「常に稼働をしている」「突発的な負荷アップが少ない」などの場合、1年前払いなどが有効。

■スポットインスタンス
停止が許される処理をするサーバー
クローラー。分析処理。エンコーディング処理。
SQSと組み合わせて、起動時に、キューを見て処理する。
という使い方も!

結論

EC2をはじめ、AWSでは、節約する(安くする)方法は、けっこうあります。
せっかく、オプションがあるので、十分活用して、節約しましょう!

-AWS

Copyright© サーバーレシピ , 2019 All Rights Reserved.