AWS ユーザデータとメタデータ

この記事は約2分で読めます。

この記事は、「AWS 認定クラウドプラクティショナー」の試験対策として書いております。

AWS 認定クラウドプラクティショナーの試験でも、出る頻度が高い、「ユーザデータ」と「メタデータ」。

同じような名称ですが、実際には、明確に違います。

AWSユーザデータ

EC2、作成時に、実行するコマンド類の事を言います。

などのコマンド類で、初期設定を「自動的」にEC2にやってもらいます。

留意点は、以下の通りです・・

基本、作成時1回だけ実行される。
基本、再起動時には(停止/起動も)、実行されない。
EC2作成時に記述するのがいい。
AMI作成時には、ユーザデータは、継承されない。

ユーザデータ作成は、EC作成時は、以下のところに、記述をします。

↑「ステップ3:インスタンスの詳細の設定」の下の方・・・

↑上記の「ユーザデータ」(省略可能)のところに

↑と、bashのスクリプトとして記述します。

再起動のたびに、実行することも可能です。
以下にやり方が書かれています。

Amazon EC2 インスタンスを再起動するたびに、ユーザーデータを使用してて自動的にスクリプトを実行する方法を教えてください。

AWSメタデータ

AWS、インスタンスの特有情報が保存されています。この情報を「メタデータ」と呼んでいます。
メタデータは、以下の方法で、取得することができます。

↑「10.0.0.202」というローカルアドレスが取得されました。

↑で、「どんなデータが取得できるか」という「メタデータ一覧」が取得できます。

この「169.254.169.254」IPアドレスは、どんなEC2でも同じです。

 

タイトルとURLをコピーしました