迷惑メール対策ツール、Rspamd。サブドメインで振り分け

この記事は約2分で読めます。

迷惑メール判定ツールのRspamdで、サブドメインをブラックリスト/ホワイトリストに設定するには・・・

迷惑メール対策ツール、Rspamd。ホワイトリスト、ブラックリスト

の記事で、ドメインを指定する方法を記述しました。
今回は、サブドメインを指定する方法です。

サブドメインからの迷惑メール

サブドメインからの送信の場合、設定方法が少し違います。

サブドメインは、
/etc/rspamd/local.d/

multimap.conf

BLACKLIST_SENDER_DOMAIN_MULTI {
  type = "from";
  filter = "email:domain:tld";
  map = "${LOCAL_CONFDIR}/local.d/blacklist_sender_domain_multi.map";
  score = 20.0
}

というように設定をします。

通常のドメインは、

BLACKLIST_SENDER_DOMAIN {
  type = "from";
  filter = "email:domain";
  map = "${LOCAL_CONFDIR}/local.d/blacklist_sender_domain.map";
  score = 20.0
}

となります
filter = "email:domain";

のところを、
filter = "email:domain:tld";

と、指定します。
map = "${LOCAL_CONFDIR}/local.d/blacklist_sender_domain_multi.map";

の指定の
blacklist_sender_domain_multi.map

のファイルでは、サブドメインを省いたドメインを記述します。

最近のドメインスパム

最近は、

XXX@XXX.Xsmtp.work

というドメインから、迷惑メールが多いです・・・
上記の「smtp.work」以外の「X」は、任意の英字です。
送ってくるIPアドレスも、一定ではありません。

このような時は、Rspamdの、任意のサブドメインを指定するのが便利です。

迷惑メール、サブドメインの例

↑実際に、「xxx.nsmtp.work」から来たメール。
スコアを「プラス20」なる。この迷惑メールは、メールボックスに入る前に、送信者に送り返されました。

タイトルとURLをコピーしました