Mailman 2.1.34へのアップデートとcgid_module(cgi_module)

2020/06/27にリリースされた、Mailman 2.1.34へのアップデート

Mailman mailman-2.1.29 -> mailman-2.1.34

# wget http://ftp.gnu.org/gnu/mailman/mailman-2.1.34.tgz
# tar xzvf mailman-2.1.34.tgz 
# cd mailman-2.1.34
# ./configure --prefix=/home/mailman/ --with-mail-gid=mailman --with-cgi-gid=apache

前回と同じ、configureオプション

# make 
# systemctl stop mailman

↑mailmannのシステムを停止

# make install

↑mailmanをインストール

# systemctl start mailman

↑mailman、再稼働

順調に稼働をしているようです。
いまも、2.1系が、メンテナンスされているのが、ありがたい・・・

Mailman apache系必要モジュール

mailmanを、apacheで、動かすための必要モジュール

cgid_module (cgi_module)

この、「cgid_module」モジュール、もしくは、「cgi_module」cgiモジュールを稼働させないと、mailmanは、動きません。

# vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf

<IfModule !mpm_prefork_module>
        LoadModule cgid_module modules/mod_cgid.so
</IfModule>
<IfModule mpm_prefork_module>
        LoadModule cgi_module modules/mod_cgi.so
</IfModule>

↑上記の設定を有効にしましょう。

※Apacheのメモリ管理方法により、ロードするモジュールが異なります。(2021/3/25 追記)
PreForkというメモリ管理では、「cgi_module(mod_cgi)」が動き、その他のメモリ管理では、「cgid_module(mod_cgid) 」のモジュールが動作します。
上記の設定で、二通りの方法に分けています。

# /usr/local/apache2/bin/httpd -M |grep cgid_module
 cgid_module (shared)

と、出てくれば、大丈夫です。

※上記は、「event」というメモリ管理で、行った場合です。「prefork」では、以下のように表示されるでしょう。(2021/3/25 追記)

cgi_module (shared)

このご指摘は、Halさんから、いただきました。ありがとうございます。(2021/3/25 追記)

参考サイト

apache マルチプロセッシングモジュール (MPM)の調整
MPMとは マルチプロセッシングモジュール (MPM)の略。 マルチコアなサーバーで、WEBサーバーの処理を、どうこなすか・・・ apache 1.3時代は一つでしたが、最近は、「3つ」の方法があります。 prefork work...
Apaceで2.4.41でcgiを動作させるためのhttpd.conf内cgi_module記述変更|teratail
MacOS上でApacheのテスト環境を(久しぶりに)作成しています。環境はこの環境です。 $ httpd -vServer version: Apache/2.4.41 (Unix)$ sw_versProductName: 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました