メーリングリスト Mailman 2.1系を他のサーバーに移行する方法

この記事は約4分で読めます。

Mailman 2.1系を他のサーバーに移行する方法

現サーバーの設定情報を調べます。

メーリングリスト一覧を把握する

# /home/mailman/bin/list_list

↑上記のコマンドで、メーリングリスト一覧が出力される。

それぞれのメーリングリストの設定を書き出す

# /home/mailman/bin/list_admins (メーリングリスト名)
リスト: (メーリングリスト名),管理者: (メールアドレス)

↑管理者を書き出す
# /home/mailman/bin/list_owners (メーリングリスト名)
(メールアドレス)

↑オーナーを書き出す
# /home/mailman/bin/list_members (メーリングリスト名)

↑配信メンバーを書き出す
# /home/mailman/bin/config_list -o (任意のファイル名) (メーリングリスト名)

↑セッティングファイルを書き出す

セッティングファイルには、管理用の、パスワードは、書かれていなく、

[(メーリングリスト名) 001] (メールの題名)

の「001」の「番号」も、書き出されない。
# /home/mailman/bin/withlist  (メーリングリスト名)
(メーリングリスト名) のリストを読み込中 (ロック解除)
変数 `m' が (メーリングリスト名) の MailList インスタンスです
>>> m.post_id
3.0

↑連番(subject_prefix)を調べる
「m.post_id」と入力します。

上記「m.post_id」とうって、出てきた数字を記録します。

/home/mailman/archives/public/(メーリングリスト名).mbox/(メーリングリスト名).mbox
/home/mailman/archives/private/(メーリングリスト名).mbox/(メーリングリスト名).mbox

↑書庫をコピーします。
設定で、「書庫を作成する」としていたら、ファイルができていますので、移行先に持って行きます。
「public」か「private」のどちらかにあります。

新しいサーバーでの設定

# /home/mailman/bin/config_list -i (保存した設定ファイル名) (メーリングリスト名)

↑セッティングを読み込みします
# /home/mailman/bin/withlist  (メーリングリスト名)
(メーリングリスト名) のリストを読み込中 (ロック解除)
変数 `m' が (メーリングリスト名) の MailList インスタンスです
>>> m.Lock()
>>> m.post_id
1.0
>>> m.post_id=3.0
>>> m.post_id
3.0
>>> m.Save()
>>>
リストをロック解除 (保存はしてません):  (メーリングリスト名)
最終処理中

↑題名の「番号」をセットします。
上記は、「番号」を「3」にしています。
# /home/mailman/bin/arch (メーリングリスト名)/home/mailman/archives/private/(メーリングリスト名).mbox/(メーリングリスト名).mbox
(private が、publicの場合もあります)

#00000 <XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX@XXXXXXXXX>
保存書庫作成準備中
20XX-February
#00001 <XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX@XXXXXXXXX>
保存書庫作成準備中
20XX-February
保存書庫 [20XX-February] の索引ファイルを更新しています
  Date
  Subject
  Author
  スレッド
スレッド化索引を作成中
記事 0 番のHTMLを更新中
記事 1 番のHTMLを更新中
保存書庫の情報をpickle化しています: /home/mailman/archives/private/(メーリングリスト名)/pipermail.pck

↑書庫を移動させます。
「arch」コマンドで、書庫を作成します。

その他、管理者 / オーナー / メンバー は、管理画面上から登録します。
管理者パスワードは、引き継がれませんので、新サーバーで設定したパスワードを利用します。

そして、DNSを変更して、移管をします。

タイトルとURLをコピーしました