Rspamdによる迷惑メール(Spam)減少効果

この記事は約2分で読めます。

迷惑メール(Spam)が減ったような・・・

2019年夏ぐらいから運用を始めた、迷惑メール対策ツール、「Rspamd」。
ここ最近、迷惑メールが減少してきたような気がします。

ここ1週間で、迷惑メールとして、「reject」されたメール(迷惑メール)は、3%の35通。

1年ぐらい前は、20~30%だったのが、1/10ぐらいに激減。
もちろん、サーバーの負荷も下がってきます。

↑1年間のRspamdの迷惑メール統計。

左が1年前。右が現在。赤色の「Rejected」が少なくなってきています。

平均で、「Rejected」のメール(迷惑メール)が、21%となっています。

↑最近1ヶ月の統計。「Rejected」した迷惑メールが、9%と少なくなりました。

Rspamdの迷惑メールの判定精度は、高い方であると考えます。

そもそも、全世界的に迷惑メールが減っているのか?

当方のメールサーバーの迷惑メールが減っているのは、全世界的な傾向なのか・・・?

IIJさんのリポート

迷惑メールの量が急増中! 2020/1Q 緊急レポート
2020/07/01

これを見ると、減ってはない感じです。

特に、5月中旬から、6月上旬には、すごい数の迷惑メールが着弾しているようです。

当方の観測では、5月中旬は、迷惑メールが、少し多めですが、6月は、減少しています。

当方の観測が、世界の平均とは、隔たりがあるかもしれませんが、当方では、少なくなっています。
これは、Rspamdが、「reject」しているせいか・・・
「reject」とは、「即、スパムとして、エラーで返す」というものです。

と、「Spam message rejected」として、送信元に返ってきます。
迷惑メールを送る方も、効率よく迷惑メールを送りたいはず(笑)。

rejectするメールサーバーは、除外しているのかもしれません。

Rspamd効用

迷惑メールは、当方の観測では、減ってきています。
迷惑メールに困っている方は、Rspamdを運用してみては・・?

今後も、留意して運用をしていきます。

関連記事

迷惑メール対策ツール「Rspamd」の導入。Postfix,CentOS7

タイトルとURLをコピーしました