迷惑メール対策、フォームメール系、勘違いされないために

この記事は約2分で読めます。

ホームページの「お問い合わせ」などのフォームメールで、
送ったメールを迷惑メールと勘違いされないようにするには・・・

迷惑メールになるメールは・・・

迷惑メールとなるようなメールは、以下のように表示されます。

迷惑メール対策
↑DMARCが、「FAIL」となります。
Gmailで受信したときに、「メッセージのソースを表示」というところで、チェックすると、「DMARC」が「FAIL」となっていました・・・

迷惑メール対策

↑「xxx経由」という表示がされます。
これは、なりすましメールのように、「差出人」が表示されているものと違っている。
という事を言っています。

迷惑メール対策

↑Gmail受信時に・・

このメールにはご注意ください
Gmail では、このメールが本当に (メールアドレス) から送信されたものであることを確認できませんでした。メールに含まれるリンクのクリックや添付ファイルのダウンロード、または返信に個人情報を記載することは避けてください。
迷惑メールとして報告 フィッシングを報告

というメッセージが表示されます。

迷惑メールと勘違いされないようにするには、どうすればいいのか・・・

php mb_send_mail の場合

mb_send_mailという関数を利用する場合

mb_send_mailの「5番目の引数」に、
-f(差出人メールアドレス)
と指定をします。
「-f」と「メールアドレス」の間には、スペースは要りません。

このメールアドレスは、「envelope-from」のメールアドレスです。

Envelope fromとは
https://server-recipe.com/1408/#Envelope_from

Envelope from

実際の差出人を同じにすることが、重要です。

perlの場合

perlの場合、ライブラリを使う方法がありますが、
sendmailを使った場合、phpの、mb_send_mail
と同じように「-f(メールアドレス)」と、「envelope-from」を指定します。

タイトルとURLをコピーしました