メール転送で、「迷惑メール」にならないために・・・envelope-FROM 書き換え

この記事は約4分で読めます。

envelope-FROM を書き換える事により、「SPF判定」を「OK」にしたいと思います。

転送時の心配

[SPF」が整備されているメールサーバーから

@yachoo.co.jp宛てなどにメールをすると、

SPFが、OKとなるが、

転送設定をしていた場合、「SPF」は、OKとはならない。

第三者のメールアドレス test1@example.com

転送設定済みメールアドレス test2@example.net

@yahoo.co.jpに転送

この場合、SPFは、「pass」とは、ならず、、

Received-SPF: softfail

となる。

これを「Envelope From」を、Postfixのサーバーで、変更することで、解決したいと思います。

Envelope fromとは

Envelope とは、「封書」のこと。

このように、封書と、中身の宛先とが別々で管理されている。
と考えると比較的、わかりやすいかと・・・

転送時もSPFをOKにして迷惑メールには、ならないように・・・

「転送をした場合でも、SPFが、「pass」となるようにしたい」

ここで、
Envelope fromを書き換える。

つまり、転送した場合でも、メールは、
転送したメールサーバーが、送信した事にする。

実際のメールは、転送元の第三者のメールアドレスとなる。
受け取った人には、見た目は、何も影響がない。

Postfix で、Envelope fromを書き換える

# vi /etc/postfix/main.cf

sender_canonical_classes = envelope_sender
sender_canonical_maps = regexp:/etc/postfix/sender_canonical.regexp
local_header_rewrite_clients = static:all

1行目
sender_canonical_classes = envelope_sender

のところの左側の指定は、
canonical_classes
sender_canonical_classes
recipient_canonical_classes

の3つが指定できる。

1行目

sender_canonical_classes = envelope_sender

の右側は、書き換え対象を指定する。
envelope_sender  ... 封書の差出人(実際の差出人)
envelope_recipient ... 封書の宛先(実際の宛先)
header_sender ... 中身の差出人 (見た目の差出人)と、envelopeの方も対象
header_recipient ... 中身の宛先 (見た目の宛先)と、envelopeの方も対象

2行目
sender_canonical_maps = regexp:/etc/postfix/sender_canonical.regexp

の左側、「sender_canonical_maps」は、変更ファイル形式を指定する。
canonical_maps
sender_canonical_maps
recipient_canonical_maps

が指定できる。

canonical_maps
は、送信/受信の両方のルールを指定。

sender_canonical_maps
は、送信のルールファイルを指定。

recipient_canonical_maps
は、受信のルールファイルを指定。

# vi /etc/postfix/sender_canonical.regexp

/(.*+)@(.+)$/ $1@(自サーバードメイン)

上記のように設定をすると、

test1@example.com
から送られてきたメールは
自サーバーで、

test1@example.com

に書き換えられて、@yahooo.co.jp宛てに届きます。
@yahoo.co.jp側では、「SPF」がOKとなります。

envelope-FROM 書き換え、宛先不明の場合・・・

実際には、宛先のメールアドレスが、envelope-FROM になって欲しい。
もしくは、「Return-Path」だけは、変更しないようにしたい・・・

つまり、転送先が、宛先不明だった場合、「宛先不明」を通知するメールアドレス(Return-Path)が、「届く」ところがいい。

試行錯誤中・・・

タイトルとURLをコピーしました