クラウド、レンタルサーバ、SEO、WPなどのレシピを!

サーバーレシピ

さくらインターネット メールサーバー レンタルサーバー

さくらレンタルサーバー、メールの移管が厳しい!

更新日:

さくらの「ビジネスプラン」

「さくらのレンタルサーバー」、「ビジネスプラン」で既に稼働中のメールと、WEBの移管を検討しまいた。

移管計画

計画をしていたのは、以下のような順番です
1)ドメインをさくらインターネットさんに移管
2)レンラルサーバー、ビジネスプラン上で、メール、WEBの移管
3)該当ドメインのDNS変更

事前テスト

さくらインターネットさんの試用期間と利用していないドメンを使って事前チェックをしてみました。

1)のドメイン移管は、完了して、次の
2)の「メール」を移管する際に、「えええ!」ということが・・・

info@とか、webmaster@を事前に登録しようとすると、
「初期ドメインがDNSに登録されていません。しばらく後に設定して下さい。」
というエラーメッセージがでてきました。

おそらく、該当ドメインのDNSが
ns1.dns.ne.jp
ns2.dns.ne.jp
に設定されていないからかと思われます。

このことをサポートに聞いてみました。

「ドメインを移管後、48時間ぐらい時間がかかることがあります」
と、教科書通りの回答がきました・・・

実際にメールを登録できないので、「だめか・・・・」と諦めました。

かつ、ユーザーインターフェースが褒められたものではない・・・

さくらインターネット「ビジネスプラン」結論

メールの移管は、厳しい。実際に移管すると、メールをロストするかも
かつ、ユーザインターフェースが直感的ではない

という理由で断念しました!

「ビジネスプラン」以外のプランでは・・・(2019/11/18追記)

「ビジネスプラン」ではなく、「スタンダード」などでは、どうでしょうか。

さくらインターネットのレンタルサーバー、スタンダードでは、マルチドメインですが、

「info@」は、複数のドメインで、共通では使えません。

しかし、利点として、メールのアドレスを設定する場合、移管前にメールを設定することができます。

「info@契約時sakuraドメイン」というユーザIDで、メールの送受信が可能です。
「xxxxx.sakura.ne.jp」というようなドメインが割り振られます。
(「xxxxx」は任意の英数字)

ドメイン移管前に、POPサーバー、SMTPサーバーを「xxxxx.sakura.ne.jp」としてメールソフトに設定。
POP3ユーザIDを「info@xxxxx.sakura.ne.jp」に!
というようにすれば、ドメイン移管前に、メールアドレスの設定ができます。

ということで、レンタルサーバー スタンダードの移管は、楽にできるでしょう!

 

-さくらインターネット, メールサーバー, レンタルサーバー

Copyright© サーバーレシピ , 2019 All Rights Reserved.