クラウド、レンタルサーバ、SEO、WPなどのレシピを!

サーバーレシピ

ドメイン

ORGドメインは、個人情報が晒される事もあります

更新日:

ORGドメインは、個人情報が晒される事もあります

.com/.net/.org
ドメインは、古くから使われている独自ドメインです。

「ドメインを取りたいなー」
「おー。この.orgドメインいいな」
と取得した後に
「個人情報がインターネット上に晒されている!」場合があります!

whois情報

独自ドメインには、所有者の
【住所、名前、連絡先】
などの個人情報をもっています。

この情報は、「whois」で調べることが可能です。

お名前.comなら、
https://www.onamae.com/domain/whois/
で調べられます。

whois代行

多くのレジストラでは、「whois代行」というサービスを実施しています。
これは、所有者の「住所」などを「隠してくれる」というサービスです。

所有者をお名前.comなどのレジストラの住所にしてくれます。
これにより、個人情報を保護してくれます。

ただ、一部のドメイン、及びレジストラでは、whois代行をしてくれません

orgドメインは、whois代行をしてくれないところが多いです。
ムームードメインは、
whois代行をしてくれます

もしも個人情報を、晒されてしまったら

.orgドメインを取得して、個人情報が晒されても、慌てずに対応しましょう。
最短、1時間程度で、個人情報を隠すことができます。

whois代行をしてくれるレジストラに移管をします。
移管は、WEB上でやりとりができます。

・レジストリロックの解除
・auth codeを取得

を行っておきます。

これは、現状のWEB上で確認ができるはずです。
レジストラによっては、サポートに聞かないといけない場合もあるかもしれません。

そして、ムームードメインにアカウントを登録。
指示通りに進むと、

元レジストラ、新レジストラからメールがきて、「承認」をすると、移管が完了します。


↑上記のようなメールが来ます。

そして、個人情報が保護されます。
数時間以内に、移管完了!
個人情報が保護される!

結論

orgドメイン取得後、whois情報をご確認ください。
個人情報が晒されても、慌てずに対応を!



-ドメイン

Copyright© サーバーレシピ , 2019 All Rights Reserved.