アクセス解析、SEOアドバイスを無償で!「NEILPATE(ニール・パテル)」

この記事は約4分で読めます。

「NEILPATE(ニール・パテル)」は、アクセス解析、ドメインパワー、キーワードの提案など、無償で体験できるお手軽ツールです。

サービス名は、人のお名前。

ドメインパワーを計測するツール「moz」が、有償サービスとなってしまい、MOZ以外の代替えサービスがないだろうか・・・。
と、探していたところ、「NEILPATEL(ニール・パテル)」を見つけました。

NEILPATEでは何ができるか

ドメインパワー(ドメインスコア)の測定
キーワード順位をチェック
SEO上の問題(課題)を指摘

というような事をしてくれます。

最大限利用するには、Google Consoleを設定して、連携するのがいいです。

NEILPATE 初期設定

NEILPATEにアクセスすると

↑上記のような入力画面が出てきます。
ここで、調べたいサイトの「ドメイン」を入れます。

↑概要を提示してくれます。

↑右上には、「Googleでログインする」というボタンがあります。
Google Consoleを設定している、アカウントで、googleでログインを行います。

↑Google Consoleとの連携を許可します。

↑「最初のプロジェクトを登録する」
を押します。

↑プロジェクト名を入れます。自分でわかる名称でいいかと思います。

↑地域を選びます。

↑Google consoleから提供された、キーワードを表示、かつ、新規登録できます。
あとからもできますので、このまま「次」を押しても大丈夫です。

↑追跡設定
とりあえずは、このまま、次へ行きます。

↑SEOトレーニング
ライブコーチング、SEO対策個別相談
デフォルトでは、「いいえ」ですが、「はい」にすると有償コースに誘導されると思います。
(やったことはないです(笑))

↑アクセスアップを当チームに依頼したいですか?
という問いですが、「はい」ですと、有料コースになるような気がします。
無償の場合は「いいえ」を押します

↑初期設定が完了しました。

NEILPATE の概要

↑初期のダッシュボードです。
月刊オーガニックトラフィック
追跡キーワード
被リンクの数
参照ドメイン数
などが表示されます。

↑メニュー一覧です。
「トラフィックアナライザー」
「SEOアナライザー」
などを多く使うでしょうか・・・

↑SEOアナライザーの「サイト監査」を選んでみます。

SEOスコアという指標を提示してくれます。
この「NEILPATE」独自の数字かと思います。

↑サイトスピードも測定してくれます。
サイトの反応速度は、SEO対して、重要な要素と言われています。

↑優先SEO課題
様々なSEOに対する提案の中でも、「優先してやったほういいよ」というのを提示してくれます。

↑SEOの課題を提案してくれます。
文字数が少ない
タイトルタグが重複している
SEO上、不利なURL形式
などなど・・・

↑タイトルタグが長すぎる
といった問題の場合、ベージのURLとタイトルを表示してくれます。

↑トラフィックが多いページを表示してくれます。
「国別トップページ」のところを「JP」にしましょう。
「US」になっていることがありますので・・・

↑どのようなキーワードで検索されているかを表示してくれます

↑キーワードの「→」(オレンジ色部分)。を押すと、右側に、「上位のサイト」を表示してます。

↑キーワード一覧のところで「SD」という列があります。
SEO難易度という言葉で表示されています。
オーガニック検索の競合分析結果。数値が高いほど競争が激しい。
という指標です。

NEILPATE 無償/有償

↑右上の、gmailアカウントのところをクリックすると「アカウント設定」というのが選べます。

↑右上のタグ、「プラン購入設定」を選びます。
「プラン購入:無料」となっており、現在は、「無料コース」ということがわかります。

↑有償プランです。月額、2,999円からあります。

NEILPATE 利点

視覚的に、見やすく、美しい
SEOに対して、簡単な改善ポイントを提示してくれる
キーワード、ブルーオーシャンか、レッドオーシャンかを提示してくれる(SEO難易度という指標)
サイトのスピード(反応速度)を計ってくれる
ドメインパワー(ドメインスコア)を測定してくれる。

NEILPATE 惜しいところ

キーワード、順位の推移がわからない

NEILPATE 無料での制限


↑閲覧の回数が制限される(24時間後にリセット)

↑キーワードの上限がある

NEILPATE まとめ

無償サービスとしては、満足できるものかと思います。
まずは、NEILPATEから始めてもいいのかもしれません

タイトルとURLをコピーしました