Zabbix 5.2 -> 5.4へのアップグレード

Zabbix 5.2(ソースインストールタイプ)から 5.4へのアップグレード手順の覚え書き

バックアップ

念のため、「データベース」と、「WEBコンテンツ」をバックアップしておきます。

zabbix 5.4 事前設定

# wget https://cdn.zabbix.com/zabbix/sources/stable/5.4/zabbix-5.4.2.tar.gz
# tar xzvf zabbix-5.4.2.tar.gz
# cd zabbix-5.4.2
# ./configure --enable-server --enable-agent --with-mysql --enable-ipv6 --with-net-snmp --with-libcurl --with-libxml2

# make

↑make まで、行っておきます。

zabbix 停止

# systemctl stop zabbix-server
# systemctl stop zabbix-agent

↑Zabbix 5.2が入っているサーバーのserverとagentを止めます。

zabbix インストール

# make install

↑Zabbix 5.4 をインストールします。

webを更新

前のwebを所定の場所以外のところに待避します。

# mv web web.back

↑DocumentRootが、「web」です。「web.back」にします(例です)

# cp -a zabbix-5.4.2/ui/ web

↑Zabbix 5.4のwebデータをコピーします。

web更新しなかったら・・・

前述のweb更新をしなかったら・・・

Database error
The Zabbix database version does not match current requiements.
Your database bersion:5040000.Required version:5020000.
Please contact your system administrator.

というエラーが出てきますので、ご注意が必要です。

サービス再開

# systemctl start zabbix-server
# systemctl start zabbix-agent

↑止めていたサービスを再開させます。

webにアクセス(設定)

↑webにアクセスをします。

以下の、Zabbix 5.2 の時と同じ要領で大丈夫です。

Zabbix インストール CentOS7 ソースインストール編
Zabbixのインストール履歴です。CentOS7に最新版を、ソースでインストールします。 Zabbixとは ZabbixはITインフラストラクチャ・コンポーネントの可用性やパフォーマンスを監視するためのエンタープライス向けソフトウェア...

設定完了すると、Zabbix 5.2 時代に設定したパスワードでログインができるはずです。

もし不具合があったら・・・

もし、不具合があって、対応できない場合、5.2へ戻す事も考えなければいけません・・

戻す方法は、

データベースを戻す
WEBコンテンツを戻す
5.2 のソースディレクトリで、「# make install」を行う

# systemctl restart zabbix-server
# systemctl restart zabbix-agent

(サービス再起動)

これで、戻るはずです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました