Zabbix インストール CentOS7 yum編

Zabbixのインストール履歴です。CentOS7のyum版です。

Zabbixとは

ZabbixはITインフラストラクチャ・コンポーネントの可用性やパフォーマンスを監視するためのエンタープライス向けソフトウェアです。
Zabbixはオープンソース・ソフトウェアとして開発されており、無料でダウンロードいただくことが可能です。
Zabbixとは

より

Zabbixでは、サーバーの状態監視と、異常検出を行います。

サーバーの状態監視は、
・MRTG
・Cacti
・Munin
などの無料ツールがあります。
流石に、MRTGは、過去の産物でしょう・・・

いずれも、Zabbixと同様に、SNMPの情報をサーバーから取得して、見やすいようにグラフ化をします。

Zabbixサーバーとして1台のサーバーが必要です。
その他監視したいサーバーに「Zabbix Agent」をインストールします。

Zabbixサーバーでは、MySQL(もしくは、PostgreSQL)、Web(Apapche、もしくはNginx)が必要です。

Zabbix CentOS版

この原稿作成時点で、Zabbix 5.2 が最新版(安定版)です。

CentOS7にyum でインストールできる最新版は、Zabbix 5.0です。
最新版の、Zabbix 5.2 を、yumでインストールできるのは、CentOS8になります。
つまり、CentOS7では、前のバージョンの、Zabbix 5.0しかありません。
Zabbix 5.2の最新版を、CentOS7に入れるには、ソースからインストールするしかありません。

Zabbix インストール CentOS7 ソースインストール編
Zabbixのインストール履歴です。CentOS7に最新版を、ソースでインストールします。 Zabbixとは ZabbixはITインフラストラクチャ・コンポーネントの可用性やパフォーマンスを監視するためのエンタープライス向けソフトウェア...

ソース版のインストールは、↑で。

zabbix agenet(エージェント)の設定
zabbixのagent設定の覚え書きです。 ソースインストールをします。 zabbix agent(エージェント)基本インストール # groupadd --system zabbix # useradd --system -g ...

↑ 「Zabbix Agent」の設定

Zabbix 基本インストール

ここでは、
・対象は、CentOS7、MySQLバージョン(PostgreSQLバージョンもあります)
・MySQL 5.7 では、既に稼働中
・WEBシステムは、既に稼働中
を前提としています。

# rpm -Uvh https://repo.zabbix.com/zabbix/5.0/rhel/7/x86_64/zabbix-release-5.0-1.el7.noarch.rpm

↑リポジトリをインストールします。

# yum install zabbix-server-mysql zabbix-agent


(略)

Dependencies Resolved

==============================================================================================================================================================
 Package                                      Arch                            Version                                   Repository                       Size
==============================================================================================================================================================
Installing:
 zabbix-agent                                 x86_64                          5.0.9-1.el7                               zabbix                          456 k
 zabbix-server-mysql                          x86_64                          5.0.9-1.el7                               zabbix                          2.8 M
Installing for dependencies:
 OpenIPMI                                     x86_64                          2.0.27-1.el7                              base                            243 k
 OpenIPMI-libs                                x86_64                          2.0.27-1.el7                              base                            523 k
 OpenIPMI-modalias                            x86_64                          2.0.27-1.el7                              base                             16 k
 fping                                        x86_64                          3.10-4.el7                                epel                             46 k
 libtool-ltdl                                 x86_64                          2.4.2-22.el7_3                            base                             49 k
 unixODBC                                     x86_64                          2.3.1-14.el7                              base                            413 k

Transaction Summary
==============================================================================================================================================================
Install  2 Packages (+6 Dependent packages)

Total download size: 4.5 M
Installed size: 12 M
Is this ok [y/d/N]: 

(略)


Installed:
  zabbix-agent.x86_64 0:5.0.9-1.el7                                          zabbix-server-mysql.x86_64 0:5.0.9-1.el7                                         

Dependency Installed:
  OpenIPMI.x86_64 0:2.0.27-1.el7           OpenIPMI-libs.x86_64 0:2.0.27-1.el7     OpenIPMI-modalias.x86_64 0:2.0.27-1.el7     fping.x86_64 0:3.10-4.el7    
  libtool-ltdl.x86_64 0:2.4.2-22.el7_3     unixODBC.x86_64 0:2.3.1-14.el7         

Complete!

↑Zabbixサーバー(MySQLバージョン)の「zabbix-server-mysql」と
「Zabbix Agent」がインストールできました。

MySQL 初期設定

# mysql -u root -p

↑ rootで、入ります。

CREATE DATABASE zabbix_db character set utf8 collate utf8_bin;

↑ DBを作成します。「character set utf8 collate utf8_bin」は重要です。
違う文字コードを指定した場合、

Zabbix supports only "utf8_bin" collation. Database "zabbix_db" has default collation "utf8_general_ci"
character set name or collation name that is not supported by Zabbix found in 442 column(s) of database "zabbix_db"
only character set "utf8" and collation "utf8_bin" should be used in database

↑ というエラーが出てきます。

insert into db (host,db,user) values ('localhost','zabbix_db','zabbix_user');

update db set Select_priv='Y',Insert_priv='Y',Update_priv='Y',Delete_priv='Y',Create_priv='Y',Drop_priv='Y',Grant_priv='Y',References_priv='Y',Index_priv='Y',Alter_priv='Y',Create_tmp_table_priv='Y',Lock_tables_priv='Y',Create_view_priv='Y',Show_view_priv='Y',Create_routine_priv='Y',Alter_routine_priv='Y',Execute_priv='Y',Event_priv='Y',Trigger_priv='Y' where db='zabbix_db';

insert into user (host,User,authentication_string,ssl_cipher,x509_issuer,x509_subject) values ('localhost','zabbix_user',password('(パスワード)'),'','','');

↑ DB情報を設定します。

# zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-5.0.9/create.sql.gz | mysql -u zabbix_user -p zabbix_db
Enter password: (パスワード)
#

↑ zabbix用のDBを作成したデーターベスにインストールします。

Zabbix サーバー設定

# vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf

#DBName=zabbix
↓
DBName=zabbix_db

#DBUser=zabbix
↓
DBUser=zabbix_user

# DBPassword=
↓
DBPassword=(パスワード)

# DBSocket=
DBSocket=/var/lib/mysql/mysql.sock

↑ DB情報を設定します。

Zabbix サーバー起動

# systemctl start zabbix-server

# systemctl status zabbix-server
● zabbix-server.service - Zabbix Server
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/zabbix-server.service; disabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since Fri 2021-XX-XX XX:XX:XX JST; 4min 55s ago
  Process: 2022 ExecStart=/usr/sbin/zabbix_server -c $CONFFILE (code=exited, status=0/SUCCESS)
 Main PID: 2024 (zabbix_server)
   CGroup: /system.slice/zabbix-server.service
(略)

↑ 無事、Zabbixサーバーが、起動しました。

Zabbix Agent 起動

# systemctl start zabbix-agent

# systemctl status zabbix-agent
● zabbix-agent.service - Zabbix Agent
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/zabbix-agent.service; disabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since Fri 2021-XX-XX XX:XX:XX JST; 28s ago
  Process: 2107 ExecStart=/usr/sbin/zabbix_agentd -c $CONFFILE (code=exited, status=0/SUCCESS)
 Main PID: 2109 (zabbix_agentd)
   CGroup: /system.slice/zabbix-agent.service
           ├─2109 /usr/sbin/zabbix_agentd -c /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
           ├─2110 /usr/sbin/zabbix_agentd: collector [idle 1 sec]
           ├─2111 /usr/sbin/zabbix_agentd: listener #1 [waiting for connection]
           ├─2112 /usr/sbin/zabbix_agentd: listener #2 [waiting for connection]
           ├─2113 /usr/sbin/zabbix_agentd: listener #3 [waiting for connection]
           └─2114 /usr/sbin/zabbix_agentd: active checks #1 [idle 1 sec]

↑無事、Zabbix Agentも、起動しました。

WEB、インストール / 設定

Zabbix のWEBコンテンツは、「zabbix-web」に入っています。

# yum install zabbix-web
Loaded plugins: fastestmirror
Repository google-chrome is listed more than once in the configuration
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: mirrors.cat.net
 * centos-sclo-rh: mirrors.cat.net
 * centos-sclo-sclo: mirrors.cat.net
 * epel: hk.mirrors.thegigabit.com
 * extras: mirrors.cat.net
 * remi-php73: mirror.sjc02.svwh.net
 * remi-safe: mirror.sjc02.svwh.net
 * updates: mirrors.cat.net
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package zabbix-web.noarch 0:5.0.9-1.el7 will be installed
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

==============================================================================================================================================================
 Package                                Arch                               Version                                   Repository                          Size
==============================================================================================================================================================
Installing:
 zabbix-web                             noarch                             5.0.9-1.el7                               zabbix                             3.2 M

Transaction Summary
==============================================================================================================================================================
Install  1 Package

Total download size: 3.2 M
Installed size: 19 M
Is this ok [y/d/N]: y
Downloading packages:
zabbix-web-5.0.9-1.el7.noarch.rpm                                                                                                      | 3.2 MB  00:00:01     
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
  Installing : zabbix-web-5.0.9-1.el7.noarch                                                                                                              1/1 
  Verifying  : zabbix-web-5.0.9-1.el7.noarch                                                                                                              1/1 

Installed:
  zabbix-web.noarch 0:5.0.9-1.el7                                                                                                                             

Complete!

↑ インストールできました。

コンテンツは、「/usr/share/zabbix」にインストールされます。

「/usr/share/zabbix」を、コピーなどで、docrootにして、WEBを設定します。

↑ WEBにアクセスします。右下の「Next Step」を押します。

↑ phpの設定が、Zabbixの要件に合っていないです。

Minimum required limit on execution time of PHP scripts is 300 (configuration option "max_execution_time").
Minimum required limit on input parse time for PHP scripts is 300 (configuration option "max_input_time").
PHP bcmath extension missing (PHP configuration parameter --enable-bcmath).

↑ 今回、3つ設定が違っています。

max_execution_time = 30
 ↓
max_execution_time = 300

max_input_time = 60
 ↓
max_input_time = 300

↑ 「php.ini」の設定を変更します。

./configure (略)--enable-bcmath

↑ 今回の、phpは、ソースインストールをしたので、「configure」で「–enable-bcmatch」を指定して、コンパイルをしなおします。

↑ 画面を再読み込みすると、合格となりましたので、「Next Step」を押します。

↑ DB情報を入れます。画面では、「socket」を指定するところがありません。

「php.ini」で、

mysqli.default_socket =
 ↓
mysqli.default_socket =/var/lib/mysql/mysql.sock

↑ と設定をします。

そして、「Next Step」を押します。

↑ ここは、このまま、「Next Step」を押します。

↑ 確認画面が出てくるので、確認をして、「Next Step」を押します。

↑ 「/etc/zabbix/web/zabbix.conf.php」に書き込めなくエラーになります。

「Download the configuration file」をおして、その内容を「/etc/zabbix/web/zabbix.conf.php」に保存をして、再読み込みをします。

↑ うまくインストールができました。「Finish」を押します。

↑ユーザ名:「Admin」、パスワード:「zabbix」を入れます。

↑ 画面が、英語なので、日本語にします。左下の「User setting」を選びます。

↑ 「Language」を日本語にして、「Update」を押します。

↑ 日本語になりました

↑ サーバーと、監視対象が同じサーバーで、「監視データ」の「ホスト」のところ、「127.0.0.1」が「有効」となっていれば、大丈夫です。

 

タイトルとURLをコピーしました